歯を抜かないで治す歯医者 群馬県みどり市 籾山歯科医院。入れ歯・歯周病・矯正歯科・義歯等のご案内

金属床義歯の作り方

義歯のバリエーションの一つに金属床義歯という方法があります。

薄くて強く、適度な保温性もあるため快適で、食事もおいしく食べられる、とされています。

しかし、「高額な費用をかけて金属の入れ歯を作ったのに全然合わない」なんていう話を聞いた事がありませんか?

これには理由があるのです。

金属床義歯の作り方は、一般的には顎の粘膜面の型採りをして、それに合わせて金属の部分を先に作成し、その後、人工歯排列し完成へと進めていきます。

しかし、この方法では、各ステップの誤差を補正できないまま完成させる事になります。出来上がった義歯は「一層大きな誤差の固まり」になっているのです。

この問題を解決するため、当院では吉川先生のご指導のもと、ASSOシステムによる方法で金属床義歯を作製しております。
以下にその方法の概略を記します。

先ず、前述したASSOシステムにより精度の良い、身体にマッチしたレジン床義歯を作ります。
そして、そのレジン床義歯の粘膜面(内面)を石膏でコピーし、同時に粘膜面と人工歯の位置関係を特殊な咬合器に写し取った上で、金属部分を作 製します。

金属床義歯の作り方

その後、金属部分と人工歯部分を咬合器に戻し、レジン重合して完成させます。

金属部分と人工歯部分を咬合器に戻し、レジン重合して完成

一見、大変な回り道に思えるかもしれません。しかし、各ステップの誤差を一つ一つ補正しながら進めるため、完成義歯の誤差と変形を最小限におさえる事が可能となりました。

また、このASSOシステムでは、長く使ってゆるゆるになった金属床義歯でもリフォームする事が出来ます。長年なじんだ歯並びや歯の形をそのままに、噛み合わせを正したり、ゆるみをなくす事も可能です。

お気軽にお問い合わせください TEL 0277-76-8266 診療時間:9:30-12:00 / 14:00-17:30
■木・土曜は午前診療 ■休診日 日・祝日

PAGETOP