歯を抜かないで治す歯医者 群馬県みどり市 籾山歯科医院。入れ歯・歯周病・矯正歯科・義歯等のご案内

症例4 顎関節症を入れ歯で治す・治療用義歯と片山式K.K.K.装置

患者さんは昭和16年生まれの女性。

昭和61年1月初診(私共の開業直後)。

主訴は上顎前歯部のむし歯治療と下顎義歯製作でした。

昭和61年暮れに、一通りのむし歯治療と下顎義歯装着を行いました。
その後、臼歯部に複数回トラブルを生じ、歯周病の進行も相まって、噛み合わせが低くなり、顎の位置も後ろへズレ、前歯が前方に傾斜した状態になってしまいました。
そして、顎関節症を併発し、上手く口が開かず、正しい咀嚼が不可能となりました。

平成18年10月の状態

平成18年10月の状態

低い噛み合わせ、前歯の傾斜がよくわかります。

顎関節症治療装置をかねた治療用義歯

顎関節症治療装置をかねた治療用義歯

今回は、上顎の歯は全てそのままで、変更せず、下顎のみの治療で対処しました。
約3ヶ月程で、顎関節症の治療と同時進行で、下顎の歯の処置を行いました。
口の開け閉めも正常となり、痛みや異音も消えました。咀嚼効率も改善しました。

平成19年2月下顎の冠と義歯の同時セット

平成19年2月下顎の冠と義歯の同時セット

K.K.K.装置と冠の同時製作

K.K.K.装置と冠の同時製作

お気軽にお問い合わせください TEL 0277-76-8266 診療時間:9:30-12:00 / 14:00-17:30
■木・土曜は午前診療 ■休診日 日・祝日

PAGETOP