ストレスなく口腔内写真を撮影しました。次に、患者さんに見ていただく為にパソコンに入力します。

撮影からPC入力まで、動画でご覧下さい。普段よりゆっくり撮影、入力していますが、それでも3分以内に全てを終了しています。
プレゼンソフトはアクアシステム社製の「歯撮くん」です。

患者さんに「わかり易く見ていただく事」と、歯科医院サイドの「操作が簡便である事」に重点を置いて開発されました。

動画管理も可能となり、歯科用のプレゼンソフトの中では最高の操作性、最高のアピール度、そして何より最高のコストパフォーマンス!
撮影した口腔内写真を見ながら、患者さん個人個人の口腔内の特徴、良いところ、注意が必要なところなどを明確に掴んでいただきます。

口腔内写真

「歯撮くん」の画面です。その日撮影した画像を示します。

来院当日と前回の写真とを比較

来院当日と前回の写真とを比較します。6枚、9枚等々、比較パターンのバリエーションは豊富です。その日一日でも、数分後でも違いがあることがわかります。

上記6枚の中の2枚を選んで並列比較

上記6枚の中の2枚を選んで並列比較します。
患者さんとの話の流れに沿って、自由に写真を選択し比較、拡大します。
とにかく、「わかり易く」です。

1枚だけを選んで拡大

 

上記の中の特定の1枚だけを選んで拡大することもできます。
更に、この画面をもっと強拡大して、細かな部分を見ていただくことも可能です。今まで気づかなかったこと、知らなかったこと等を明確にしていきます。

歯科臨床記録だけでなく、技工士さんの仕事の記録や医院との情報交換にも最適です。
余談ですが、歯撮くんユーザーの中には、太公望も大勢います。
「釣果の記録にも最適」なんていう声も聞こえてきます。