審美的にも良い?~インプラントについて~

テレビのCMや、歯科医院の看板などでインプラントという文字を目にすることは多いですよね。
お笑い芸人が歯をインプラントにしたという話もご存知の方もいるかと思います。
今回はインプラントのメリットデメリットについてお話しします。

インプラント

インプラントって何?

インプラントとは、虫歯や歯周病などなんらかのことが原因で失ってしまった歯を補うために、人口の歯根を埋入することです。
顎の骨の中にインプラント体というチタンなどでできたものを埋め込み、頭の部分(歯の部分)はレジンやハイブリット、セラミックなどで作られます。

天然の歯のように見た目が良い

見た目は、天然の歯のように見えるので、審美的にも良いかと思います。
また、直接顎の骨に埋め込んでいるため、入れ歯やブリッジよりもしっかりと噛めて食事のときのストレスも感じません。

インプラントで使用されているチタン合金などは体に害がなく、体に優しい素材です。
しかしチタンアレルギーなどがある場合はインプラントを行うことができない可能性がありますので、以前にアレルギーを起こしたことがある方や心配な方は一度調べてからインプラント治療をするのが良いでしょう。

ブリッジと違いほかの歯の負担がない

ブリッジや入れ歯の場合支えとなる歯に負担がかかり、ほかの歯にダメージをあたえてしまうことが多いです。
しかし、インプラントは単体ですので他の歯に負担はかかりません。
また、隣接する歯を削ったりすることもありません。

保険が適用されない

インプラントは保険が適用されず、自費の治療となってしまいます。
また、インプラントを埋入するにあたって、手術をしなければなりません。

インプラントが適用できない場合もある

インプラントを埋入する顎の骨が歯周病でなくなっていたり、全身の健康状況によっては、インプラントが適用とならないことがあります。糖尿病の方は注意が必要です。

しっかりと噛める歯を!

歯を失ってしまうと思うように噛めなかったり、うまく発音できなかったり様々な支障が出てきます。
ブリッジや入れ歯などの保険で治療できるものもありますが、インプラントも考えてみてはいかがでしょうか?

前の投稿

子供が虫歯になってしまった!!~子供の虫歯治療って?~

子供が虫歯になってしまった!!~子供の虫歯治療って?~
しっかり噛んで歯や顎を丈夫に~歯育てについて~
次の投稿

しっかり噛んで歯や顎を丈夫に~歯育てについて~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の投稿

子供が虫歯になってしまった!!~子供の虫歯治療って?~

子供が虫歯になってしまった!!~子供の虫歯治療って?~
しっかり噛んで歯や顎を丈夫に~歯育てについて~
次の投稿

しっかり噛んで歯や顎を丈夫に~歯育てについて~