歯の根っこを覆う膜~歯根膜って何?~

みなさんは歯根膜って聞いたことはありますか?歯の神経とか歯茎とかであれば聞いたことがあるかと思いますが、歯根膜という言葉はあまり耳にしませんよね。

今回はこの歯根膜について詳しくお話していきたいと思います。

歯みがき

歯根膜ってどのようなもの?

歯根膜とは、歯の根っこと歯を支えている骨の間にある薄い膜のことをいいます。

簡単に言うと、歯の根っこを覆っている膜です。

厚みは0.2~0.3ミリほどしかありませんが、実は歯にとっても重要な役割をしています。

歯根膜は歯の根と骨をしっかり結び付けている

歯根膜はただの膜ではありません。

歯の根(歯根)と歯を支えている骨(歯槽骨)をしっかりと結び付けるという役割があります。

触覚を伝えるセンサー的な役割

歯根膜は触覚や痛覚などの感覚があります。

そのため、物を食べるときの感覚や、硬い柔らかいなどは歯根膜が刺激を感知して脳に伝えます。

するめなどを食べたときの硬いという感覚や、ポテトチップスを食べたときのパリっとした感覚は歯根膜のおかげというわけですね。

この働きにより、噛む時の力加減などの調節ができます。

歯根膜はクッションのような役割をしている

歯根膜は歯根と歯槽骨の間でクッションのような役割をしています。

食事をした時に噛んだり、日常噛んだりするときに、歯はわずかに沈んだり、ゆれたりしています。

しかし歯根膜があることで、歯にかかる力をうまく逃がして、過度な力が歯にかからないようにしているのです。

歯ぎしりや食いしばりで歯根膜炎になることも

歯根膜炎とは、歯根膜に起きる炎症の総称です。

原因は様々ですが、歯ぎしりやくいしばりで歯に過度な力が断続的にかかってしまうと、歯根膜炎となり、痛みが出ることがあります。

歯周病で歯根膜がなくなる

歯周病が進行することで、歯槽骨が破壊されると、歯根と歯槽骨の間にある歯根膜も失われてしまいます。

そのため、結合がなくなることでだんだん歯にぐらつきがでてきて、放置していると歯を失ってしまうことに繋がります。

歯根膜は目に見えない

歯根膜は歯茎の下にあるので目で確認することはできませんが、なんだか歯に違和感や痛みがあるという場合は歯根膜炎の可能性もありますので、自己判断せずお近くの歯科医院へ相談してください。

前の投稿

お口の中の病気~血管腫ってどのようなもの?~

お口の中の病気~血管腫ってどのようなもの?~
舌の下に腫瘍?~ガマ腫ってなに~
次の投稿

舌の下に腫瘍?~ガマ腫ってなに~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の投稿

お口の中の病気~血管腫ってどのようなもの?~

お口の中の病気~血管腫ってどのようなもの?~
舌の下に腫瘍?~ガマ腫ってなに~
次の投稿

舌の下に腫瘍?~ガマ腫ってなに~