虫歯治療ってどうやるの?~虫歯治療の流れ~

皆さんのお口の中に虫歯はありませんか?虫歯になってしまったとき、どのような治療をしているかご存知でしょうか?

今回は虫歯治療の流れについてお話しします。

虫歯治療

虫歯の深さの確認

虫歯がどの程度の大きさなのかを知るためにまずレントゲンを撮影します。

見た感じ小さ目の虫歯の場合はレントゲンを撮らないこともありますが、大きめの虫歯の場合、神経に達しているか歯と歯の間の虫歯はないかなどレントゲンで診ることができます。

麻酔が必要な場合は麻酔をする

小さな場合は麻酔をしないで治療をはじめることがありますが、ある程度虫歯が進行している場合は麻酔をして治療をします。麻酔が苦手な方も表面麻酔を行ってもらうと、刺した時の痛みが少し良くなります。

虫歯の部分を削る

歯医者さんというとキーンという音がするドリルを想像する人が多いと思います。

このドリルをタービンと言います。タービンで虫歯の部分を削り取り、虫歯を除去していきます。

削った穴を詰める

虫歯を削ると穴が開いてしまうので、そのまま帰っていただくわけにはいきません。

そのため、コンポジットレジン(白い樹脂の詰め物)で見た目を回復するように詰めていきます。保険治療でもいろいろな色調のコンポジットレジンがあるので、ご自身の歯に合った色で詰めるので治療したかどうかほとんどわからなくなります。虫歯が神経に近い場合は、神経を保護するお薬を置いてから詰めていきます。

虫歯の範囲が広い場合は詰め物をする

虫歯の範囲が大きい場合は、型取りをして部分的なかぶせ物をしていきます。

型取りをしてすぐにかぶせ物ができるわけではないので、型取りをした場合は一度仮の詰め物をして帰っていただきます。かぶせ物ができてきたら来院していただき、調整して装着していきます。

神経まで虫歯が達している場合

虫歯が深く、神経まで達しているは、神経の治療をしなければなりません。

神経の治療は数回かかりますので、何度か来院していただくこととなります。

神経の治療を途中でやめてしまうと、症状を悪化させてしまい、最悪の場合抜歯をしなければいけなくなりますので、必ず最後まで治療をしてください。

虫歯の段階によって治療はかわる

このように、虫歯の大きさや、虫歯の進行の段階によって治療方法は変わってきます。治療のことで不安や相談がある場合はお気軽に医師や歯科衛生士に聞いてください。治療に恐怖心があるという場合も必ず教えてくださいね。

前の投稿

舌に歯の跡がついている!!~舌のふちをみてみよう~

舌に歯の跡がついている!!~舌のふちをみてみよう~
八重歯は気になる?~八重歯が生える原因って?~
次の投稿

八重歯は気になる?~八重歯が生える原因って?~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

前の投稿

舌に歯の跡がついている!!~舌のふちをみてみよう~

舌に歯の跡がついている!!~舌のふちをみてみよう~
八重歯は気になる?~八重歯が生える原因って?~
次の投稿

八重歯は気になる?~八重歯が生える原因って?~